墓じまい
 昨年逝去した姉が自分が死んだら迫川の墓をきちんと処分するようにと言い残した。今年の春それを実行すべく昨年からそのための準備をした。墓石を処分してもらう業者の紹介をお寺の住職にお願いした。いとこ二人に墓じまいに立ち会うことを依頼した。4月7日、新幹線で広島に着き、レンタカーを借りて高速道路を通って安芸高田市美土里町横田(私の生まれ故郷)のお寺に到着した。業者にそこで会うと、業者がまずお坊さんに墓の前で拝んでもらわないと作業は始められない、と言う。そこで急遽お寺の住職にそのことをお願いし引き受けてもらった。実際に墓じまいを始めようとすると、墓石は重いので、いとこの夫がクレーン車を手配してくれた。そのおかげで墓じまいはスムーズに進んだ。その晩はいとこの家に泊めてもらい、翌日レンタカーで祖父母・両親・叔父の5人の遺骨を広島市まで運び、宅配業者に遺骨を町田市の自宅へ運ぶよう依頼した。5月29日に遺骨を静岡県の富士霊園にある私共の教会の墓地に納骨する予定である。

Photo Albums

2021年4月
例会
2021年3月
例会
2021年2月
例会
書庫

2021-04-03
2021-04-03
2021-04-03
2021-04-17
2021-04-17
2021-04-17
2021-04-24
2021-04-25
2021-04-18
2021-04-03