- 2 -

2023-2024年度

主題

     
国際会長(IP) Ulrik Lauridsen ウルレク・ラウリトスン(ヴァイレ2クラブ Denmark)
  主   題 “Let your Light Shine”
「あなたの光を輝かせよ」
  スローガン “Good Communication Is the Cornerstone in Every Cooperation”
「良好なコミュニケーションは、すべての協力関係の基礎となる」
 
アジア太平洋地域会長(AP) 利根川恵子(川越)
  主   題 “Be the light for change”
「変革のための光となろう」
  スローガン “Shine and empower through fellowship”
「親睦を通して、輝き、力を得よう」
 
東日本区理事(RD) 山田公平(宇都宮)
  主   題 「未来のために今、学びと気づきを、未来のために、自信と喜びを感じる機会を」
 
東新部部長(DG) 今井武彦(東京むかで)
  主   題 「ALL東新部、継続・発展!」
  スローガン 「私たちは、ワイズ・YMCAに連なる人々の「地の塩、世の光」になろう!」
 
東京クラブ会長(CP) 加藤義孝
  主   題 “Coexistence・Symbiosis・Mutual assistance”
「共存・共生・共助」
  副   題 「ワイズライフを楽しみ、助けを必要としている人に手を差し伸べよう」
 
私達はYMCAを支援しながらワイズメンズクラブの活動をおこなっているクラブです。ユースの成長、障害のある子供達、海外からの避難者、災害、戦争、紛争に巻き込まれて困っている人達に少しでも役に立つようお手伝いを行っていますがボランティア活動は求めに対し、満足な対応には限界があります。体力的、金銭的、時間的な面にそして気持ち的にも限界があります。年々、年を重ね、いずれはリタイアを考えなければ成りません。しかし人々に少しでも役立ち喜びを共有出来る仲間がいることは大きな喜びです。人に喜んでもらえる事は自分の心を浄化する作用があり幸せを感じるための大切な事です。
これからの人生体力が赦す限り次の世代に引き継ぎYMCAの活躍が継続出来るように共に歩みましょう。



Copyright (C) 2011 Y's Men International Tokyo Club. All Rights Reserved